彰宣 / SYOSEN
『伝統継承の自信と誇り』
明治41年、山中温泉にて我戸木工所として創業。 その木地師の意思を受け継ぐ彰夫、宣夫の二人の頭文字を取って「彰宣」と名付けられました。 「彰宣」の漆器は天然の素材が生み出す美しい木目、木地師が一つ一つ丁寧に仕上げた木地の完成度を重んじ、決して隠すことなく豪快に木目を見せます。 それは、裏を返せばごまかしが効かない事を意味し、素材、木地の焼き、透明感のある拭漆全てが完璧になってこそ成り立ちます。 彰宣の漆器は伝統的な山中漆器の高い技術を生かし、常に変化するライフスタイルに合った漆器を提供しています。
彰宣
このカテゴリー内で絞り込む
現在、商品はございません。