八木 保 / Tamotsu Yagi
八木 保
八木 保
1949年日本/神戸生まれ。84年サンフランシスコのアパレルメーカー、エスプリのアートディレクターとして渡米。エスプリ社のイメージを高める。広告をはじめカタログ、パッケージ、プロダクト、ストアサインなどのビジュアルコミュニケーションは世界的に評価され、86年にAIGA(American Institute of Graphic Arts)のリーダーシップを受賞。90年には元エスプリのオーナー、ダグラス・トンプキンスのアーミッシュキルトコレクションの展覧会のアートディレクション、カタログデザインを担当。AGI(Alliance Graphique Internationale)のメンバーとなる。91年Tamotsu Yagi Designをサンフランシスコに設立。世界的にデザインワークを行っている。中でもイタリアベネトン社の香水ボトルTRIBU(トリブ)のデザインは、94年のクリオアワードを受賞。100点にも及ぶデザインワークが毎年、サンフランシスコ近代美術館のパーマネントコレクションに選ばれている。95年1月に移転した同美術館のオープニングとして6ヶ月間個展を行なう。95年4月には芸術分野で活躍するアジア人に与えられる貢献賞をアメリカ政府より受賞。建築家とのコラボレーションも多くアート・ディレクションで著名なFoundation Beyeler(建築:レンゾ・ピアノ)の美術館のグラフィックデザインや、アップルストア(Apple Computer Inc.)のコンセプトデザインをコンサルタントしており、また昨年オープンした、日本/広島市中工場(広島市が推進する地球環境に配慮した最新設備のごみ焼却場/建築:谷口吉生)のサインシステム、環境展示プランニングが最も新しいプロジェクトである。
このデザイナー内で絞り込む
現在、商品はございません。