茶谷 正洋 / Masahiro chatani
茶谷 正洋
茶谷 正洋
大学卒業後大成建設設計部、建設省建築研究所の研究員などを務め、1961年に東京工大助教授に。
その後ワシントン大学客員教授などを経て、1980年~1994年の14年間東工大教授を務めた。
1995年には東工大の名誉教授に就任。
以後、法政大学・静岡文化芸術大学教授を務めた。2008年11月19日、喉頭癌のため死去。
折り紙建築と呼ばれる新たな分野を考案し、その功績は今でも褪せることなく讃えられている。
このデザイナー内で絞り込む
現在、商品はございません。