リングスツール
リングスツール
リングスツール
リングスツール
リングスツール
リングスツール
リングスツール
リングスツール
リングスツール
『1955年発売の実力派スツール』

丸いドーナツ状の座面に、細くまっすぐな脚。
この可愛らしいリングスツールは当時、天童木工の工場長だった加藤徳吉の考案によるものです。
1964年の東京オリンピック開催時には「五輪スツール」とも呼ばれ、大変人気を呼びました。
きわめてシンプルなデザインですが、そのデザインの裏には天童木工の木工技術の粋が集めています。
シートレザーの張り方は天童木工独自の「丸天張り」と呼ばれる技法を採用。 脚部と座の接合には特許を取得するほどの技術を用いています。
1966年にはグッドデザイン賞を受賞するなど、華奢なボディーながら実力派のスツール。
非常に丈夫なスツールとして、天童木工の社内でも発売当時のリングスツールが現在でも使われています。

座の中心に穴を開けたことで、軽くて持ち運びしやすく、また座り心地も抜群に良いスツールとなっています。
このたび35年ぶりに復刻、6色の中からお選び頂けます。

※ご注文の際は、備考欄にカラーをご記入ください。
サイズ
φ320×H450
天童木工
天童木工は、山形県天童市に本社・工場がある家具メーカーです。1940年に大工・建具・指物の業者が集まり天童木工家具建具工業組合を結成。戦後からは手持ちの材料で家具の製造を開始。1947年に入り、当時としては高価だった高周波発振装置をいちはやく導入し、国内初の量産成形合板家具の製造を開始します。当初は、一般家庭向け家具を主力に生産していましたが、1950年代頃から次第に注文家具の受注も増加。国内外の建築家やデザイナーと共に、特注家具の製作をする中から、多くの”名作”が生まれてきました。1961年には天童木工家具デザインコンクールを開始。受賞作の中から、MoMA永久展示品や、現在も「天童クラシックス」として残る名作が生まれています。
関連商品
SIWA 万能ボックス
Designer 深澤 直人
Brand 大直
Ballena/バレナ ダイニン...
Designer 岩根 堅城
Brand アジム
透かし燭台  hana
Designer 小藤 宗相
Brand 鍛治工房 弘光
tu・ki
Designer 常川 貴扶
Brand フレイムス
WILDWOOD ALTO ダイニン...
Designer NO Designer
Brand マスターウ...
SAKURASAKU glass
Designer 坪井 浩尚
Brand 100%
MAYUHANA/まゆはな
Designer 伊東 豊雄
Brand ヤマギワ
家型ペーパーウェイト I...
Designer NO Designer
Brand ホルツ
ビーズビージュニア・チ...
Designer 志岐 純一
Brand シムス
ZERO/ゼロ カク
Designer 加藤 弘之
Brand テオリ