ANDON TRIANGLE
ANDON TRIANGLE
ANDON TRIANGLE
ムダのないスッとした佇まい
ANDON TRIANGLE
角度によって表情を変えます
『どうも僕は三角が好きで・・・』
ムダのないスッとした佇まい。 細いディティールまで計算してデザイン。
どこか懐かしく、モダニズムの名作を彷彿とさせ、日本独特の明暗の美しさを醸し出します。
三角形・三角脚の杉材フレームに丸いシェードを入れ込んでいるようなデザインになっています。 提灯部分は透光性に優れたタイ手漉き和紙を使っており、あかりをやわらかくします。
持ち運びの便利なコードレスタイプは内部に発光ダイオード(LED)ライトを6灯内蔵。 このライトは白熱球のようなやさしい明かりを放ち、見つめてもまぶしくありません。(単3型アルカリ乾電池4本で20時間、連続点灯)
コードタイプはシャンデリア球使用ですのでムードのある演出ができます。
◆シェード:タイ手漉き和紙・PETひご
◆木枠:杉
◆ホルダー:ステンレス

◆LX11コードタイプ
シャンデリア球 白25W E12口径
◆LX11-Lコードレスタイプ
電源方式/乾電池式 単3形4本
光  源/高輝度ウォームホワイトLED6灯
連続使用時間/約20時間
サイズ
φ202×H305mm
ルクス
1917年に創業した岐阜提灯のメーカー浅野商店が2003年に始動したプロジェクト、『ルクス』。 ルクスとは光の量を表す単位であるLxから由来しています。 名前通り、灯りを照明という媒体でデザインし、「継いでいくこと」を使命と考え、伝統工芸に潜在する可能性を最も有効なデザインに昇華しています。
長 大作
1921年、旧満州生まれ。日本のインテリアでザインの歴史に残る数々の作品を発表してきたデザイナー。1945年、東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業する。1947年に坂倉準三建築研究所に入所。その後1960年、発表の「低座椅子」はシャルロット・ペリアンの影響を受けて生まれたもので高さ29cmという低い座椅子が日本人の生活様式に調和する。1964年、「天童木工東京支店」の建築設計。低座イス(T-5016N)Gマークに選定され、ヒット商品となった。1971年、坂倉準三建築研究所を退社。1972年、「一級建築士事務所長 大作建築設計室」を開設し、住宅を中心に設計監理及び家具デザインを行い現在に至る。代表作は60年に発表した「低座椅子」。日本人の生活様式に合った高さ29センチの低い椅子は和と洋の調和を実現した傑作として広く知られる。1989~92年、愛知県芸術大学美術学部デザイン科客員教授。1993年、同上非常勤講師として現在に至る。1994年、第21回国井喜太郎産業工芸賞受賞。
関連商品
shadow of your smile
Designer インディゴ ...
Brand ルクス
BUNACO LAMP T653
Designer ブナコデザ...
Brand ブナコ
Pure White テーブルランプ
Designer NO Designer
Brand ディーシーエス
ONNOFF グリーン
Designer カワムラ ヒ...
Brand レゾン
『内山紙 和紙照明TIKUM...
Designer 八木沼 修
Brand 内山紙
MOONBIRD/ムーンバード L...
Designer 橋本 夕紀男
Brand ヤマギワ
CLASSICAL/クラシカル テ...
Designer 内山章一
Brand ディーシーエス
『内山紙 和紙照明TIKUM...
Designer 八木沼 修
Brand 内山紙
『内山紙 和紙照明TIKUM...
Designer 八木沼 修
Brand 内山紙
desk light /灯のたね
Designer NO Designer
Brand 工房 灯り...