大分 / Oita
大分の名所”宇佐神宮”
大分県宇佐市にある神社、宇佐神宮。全国四万四千社、八幡宮の総本社。式内社、旧官幣大社。正式名称は宇佐神宮だが、宇佐八幡・宇佐八幡宮とも称される。
大分の概要
九州地方の東部に位置する大分県は、全国一の源泉数、湧出量を誇る温泉地で、特に別府温泉や湯布院温泉は有名です。また、温泉から噴出する蒸気熱を利用した「地獄蒸し」と呼ばれる調理法が残るなど温泉と深く付き合ってきた土地です。 県名の由来は『豊後国風土記』に、景行天皇が広大な土地だから名づけたという記述がありますが、現在では田が多かったこと(多き田)から大分になったというのが有力です。 県章は大分県の「大」の字を円形にデザインにして、県民の仲の良いことと、大分県の発展を表現したものです。
商品一覧
この生産地内で絞り込む
現在、商品はございません。